One year after the Pakistan Earthquake

There was the big earthquake around the Kashmir district in Pakistan and India, October 2005. 1 year has passed from this earthquake took the lives of about 73,000 people and houses of 3.5 million people, but the situation didn't change much and hard winter was coming soon again.

In Chatter Kalas 10 km south from Muzaffarabad, there was a refugee camp 400 tents were built, Annan Bibi, 8, stopped cooking and muttered "I want to go back to my village and see my mother, but...". Her mother was seriously injured in the earthquake and had been still in a hospital, and her father had been mentally ill, so she did housework and cooking for her father and 2 brother. Her village was utterly destroyed.

In Muzaffarabad, 1,000 m above, Sadar Khan, 40, coming to the distribution place to get blankets for winter, grieved "It's terribly cold at night. I cannot rebuild a house, the future is not in sight". He lost 4 of the family, and lived in a tent with 4 children. He worked at a construction site but earn only 200 rupees (4 dollars) per day.

400 thousand people still didn't have their house. In last winter, so many victims dead from cold and snowslide, their severe trial were still going on.

 

パキスタンのカシミール地方に、今年も厳しい冬がやってきた。7万3000人が死亡、350万人が家を失った大地震から1年少したっても、まだ多くの人に復興の光は当たらない。寒さに立ちつくす姿が、あちこちで見られる。

中心都市・ムザファラバードの南10キロのチャタルクラスでは、以前は裸だった土地に、400のテントが雑然と並ぶ。3000人に上る被災者のキャンプだ。

「村に帰りたい。お母さんにも会いたい。でも……」。アナン・ビビさん(8)が鍋で煮物をする手を休めて、つぶやいた。

近くの山の上の村から逃げてきたが、母親は地震時、足に大けがをして入院したまま。父親はショックで心を病み、毎日、母親代わりに父親や2人の兄の食事の世話など家事をしている。村の家は倒壊し、行き先はないという。

しかし、たとえ村に帰れても、生活基盤が失われた土地で雪深い冬を越えるのは難しく、キャンプに舞い戻ってくる人たちも多い。八方ふさがりだ。

ムザファラバードでも、状況は変わらない。1000メートルを超える標高が寒さを一層募らせ、街中にあるテントの住民を凍えさせる。

「夜はものすごく寒い。家を再建できる予定もないし、先行きは全く見えないよ」と、冬用の毛布を求めて物資配給所に来たサダル・カーンさん(40)は嘆いた。妻ら4人の家族を地震で失い、残った4人の子どもとテント生活。建設現場で働くが、200ルピー(約400円)の日給では食べるのがやっとだ。

まだ家を持てないでいる被災者は推計40万人。昨冬は、寒さや雪崩で死亡するケースが続出した。その心配は解消されていない。

最近、ビビさんのもとに、久しぶりのうれしい便りがあった。近く母親が退院できるかも知れないというのだ。「いつか教師に」。将来の夢や身の回りの小さな喜びを心の〈暖〉に、ビビさんたちの試練の時は続く。